本と編集の総合企業

本と編集の総合企業

【ギャラリー】イラストレーター〈死後くん〉初の絵本『ごろうのおみせ』原画展

【ギャラリー】イラストレーター〈死後くん〉初の絵本『ごろうのおみせ』原画展

 
雑誌POPEYEの一番最後のページにあるマンガ『ジョン&ポール』、NHKの番組「おやすみ日本」の、「眠いい昔話」……。きっと多くの方が目にしたことがある、かわいかったり、シュールだったり、なんとも言えない世界観の絵を描いているのが、イラストレーター・死後くんです。SPBSギャラリーでは、死後くんがはじめて描いた絵本『ごろうのおみせ』の原画展を開催します。
 
あるひ ごろうは しょうがっこうを やめた
しょうがっこうを やめて みせをひらいた

 
唐突なことばで始まるこの物語は、いったいぜんたいどこへ向かうの……?
かわいい色合いとはうらはらに、絵本から飛び出しそうな勢いで動き回るごろうの躍動感!
ぜひ原画でお楽しみください!
 
 

〈死後くん初の絵本『ごろうのおみせ』原画展〉

■ 会期:2019年2月18日(月)~3月3日(日)*最終日は18時まで
■ 場所:SPBS本店内ギャラリースペース
■プロフィール
死後くん(しごくん)
昭和52年、愛知県生まれ。東京在住。蟹座。河出書房新社「ごきげん文藝」シリーズ、せきしろ『海辺の週刊大衆』、『天久聖一の世論島』ほか、ファッション、カルチャー雑誌の挿絵などなど、紙媒体をはじめ、TV、Webでも活躍中。著書に漫画『I My モコちゃん』(玄光社)がある。
■『ごろうのおみせ』
作:ごろう、絵:死後くん
ある日ごろうは学校をやめた。やめてお店をはじめた。〇とか△を描くだけのお店がまさかまさかの大繁盛!
■ 協力:死後くん、岩崎書店

友だちに教える