本と編集の総合企業

本と編集の総合企業

*終了しました【イベント】『真面目にマリファナの話をしよう』刊行記念 佐久間裕美子が見た、アメリカ・マリファナ最前線

*終了しました【イベント】『真面目にマリファナの話をしよう』刊行記念 佐久間裕美子が見た、アメリカ・マリファナ最前線

 
2014年1月1日、マリファナを嗜好目的で購入できる店舗が、コロラド州に開店しました。全米で初めてマリファナを完全合法化したコロラド州の動きはその後、他の州やカナダにも広がっていきます。

かつてアメリカ政府が撲滅しようとしていたマリファナが、どんな経緯で容認される方向に進んだのか、そして現地では何が起こっているのか。2015年、実情を見るべくライターの佐久間裕美子さんはアメリカ各地で取材を始めました。「マリファナ」という植物を中心とした新しい産業、コミュニティ、人、文化、ルール、そして歴史を紐解くなかで、佐久間さんが見聞きし、感じたものとはどのようなものだったのでしょうか。

SPBSでは、『真面目にマリファナの話をしよう』の刊行にあわせ、マリファナについて、真面目に考える機会を持ちたいと思います。医療も、法律も、長い歴史のなかで大きな変容を遂げてきました。そしてその変化は、ときに人々を大いに驚かすものでした。正しい、正しくないという言葉だけでは言い尽くせない事柄を考えるために、まず知ることから始めてみませんか?

佐久間さんが見たマリファナの最前線を余すところなく語っていただきます。
 

『真面目にマリファナの話をしよう』刊行記念
佐久間裕美子が見た、アメリカ・マリファナ最前線

■ 日時:2019年8月6日(火)20:00~21:30(開場:19:30)
■ 会場:SPBS本店(東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F)[MAP]
■ 参加費:1,500円(税込)
■ 申し込み:こちらのリンクからWEBチケットをご購入いただけます。
*こちらの都合による中止の場合以外、チケット代のご返金は承ることができません。
*質問がある方は、備考欄にご記入ください。
■ゲスト:

佐久間裕美子(さくま・ゆみこ)さん

ニューヨーク在住ライター。1996年に渡米し、1998年からニューヨーク在住。出版社、通信社などを経て2003年に独立。著書に『ピンヒールははかない』(幻冬舎)、『ヒップな生活革命』(朝日出版社)、翻訳書に『世界を動かすプレゼン力』(NHK出版)、『テロリストの息子』(朝日出版社)。慶應大学卒業。イェール大学修士号取得。
https://www.yumikosakuma.com

友だちに教える