本と編集の総合企業

本と編集の総合企業

*終了しました【イベント】土偶を折り紙で作る!? 『折る土偶ちゃん ー作って発掘・縄文おりがみー』(朝日出版社)ワークショップ

*終了しました【イベント】土偶を折り紙で作る!? 『折る土偶ちゃん ー作って発掘・縄文おりがみー』(朝日出版社)ワークショップ

日本人なら誰しも一度は勉強する「縄文時代」。そのブームが今、沸き起こっています。SPBSでも配布後数日でなくなる大人気フリーペーパー『縄文ZINE』や、縄文人の生き方にならって生活習慣を見直してみる本の出版など、その勢いはどんどん増していき、ついにこの夏、東京国立博物館で『縄文展』もスタートしました。
 
その「縄文ブーム」を体感するため、SPBSでは、「土偶折り紙」のワークショップを開催します。使用するのは、縄文時代や土偶の魅力を伝えるべく活動されている文筆家、譽田亜紀子(こんだ・あきこ)さんと、折り紙に革新を起こすデザイン・ユニットCOCHAE(こちゃえ)による本、『折る土偶ちゃん ー作って発掘・縄文おりがみー』。ページをペリペリはがし、折り図と折り線に従って折っていくと、かわいい土偶ちゃんが現れる、初心者でも苦手な人でも楽しめる1冊です。
 
ストレッチしていたり、体育座りしていたり、顔から腕が生えていたり、瞑想していたり……。その自由すぎる造形で現代人を魅了し、「掘り出されたフィギュア」とも言われる土偶を、折り紙作者であるCOCHAE(こちゃえ)の武田美貴さんと一緒に、楽しく折って、わかりやすく知る。そんな、土偶の新たな魅力を感じる時間を、ぜひ過ごしてみませんか?
 
◎収録おりがみ「土偶ちゃん」たち
縄文のビーナス/縄文の女神/中空土偶/合掌土偶/仮面の女神/チビーナス/顔から両腕出てる土偶/結っチャイナ土偶/芸術肌な筒形土偶/グラマラス土偶/不思議顔の人面獣/ストレッチ土偶/ハート形土偶/子宝の女神 ラヴィ/笑う岩偶/叫ぶ土偶/ロマンチックな土偶/50’s系結髪土偶/瞑想する巨神兵土偶/遮光器土偶
 

 

『折る土偶ちゃん ー作って発掘・縄文おりがみー』(朝日出版社)ワークショップ

■ 日時:8月2日(木)1回目/19:00~19:45 2回目/20:00〜20:45
■ 会場:SPBS本店(東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F)[MAP]
■ 定員:各回10名ずつ
■ 参加費:書籍『折る土偶ちゃん』代 1,782円(税込)
■ 申し込み:ご希望の回にお申込みください。
・1回目(19:00〜19:45)お申込みはこちら>>
・2回目(20:00〜20:45)お申込みはこちら>>
 
■ ゲスト・講師

COCHAE(こちゃえ)武田美貴(たけだ みき)

“あそびのデザイン”をテーマに活動する軸原ヨウスケ、武田美貴によるデザイン・ユニット。2003年「折紙をもっとポップに!」をキーワードにグラフィック折紙を制作。
著書に『折りCA』(青幻舎)シリーズ、『妖怪おりがみ』(講談社)など多数。『猫のパラパラブックス』(青幻舎)で造本装幀コンクール2013審査員奨励賞受賞。現在は新しい視点を持った玩具や雑貨の開発、出版企画、商品企画、展示など幅広い活動を行っている。

 

友だちに教える