本と編集の総合企業

本と編集の総合企業

*終了しました【イベント】憂うつを乗り越える!「すこやか研究所」トークショー すこやかな人間関係のつくり方 <放っておくと自然と良い方向に進む?発酵から学ぶ処世術>

*終了しました【イベント】憂うつを乗り越える!「すこやか研究所」トークショー すこやかな人間関係のつくり方 <放っておくと自然と良い方向に進む?発酵から学ぶ処世術>

 
出版社リトルモア&書店SPBS共同企画 憂うつを乗り越える!「すこやか研究所」トークショー

■ 第3回 すこやかな人間関係のつくり方
〈 放っておくと自然と良い方向に進む?発酵から学ぶ処世術 〉

 
「なんだか気が滅入る」「やる気がおきない」「うつ病になりそう」……そんな時はいったいどうすればいい? その不安な気持ちに優しく寄り添ってくれる本『ラブという薬』の共著者であり精神科医の星野概念さんと、「発酵」をより広く分かりやすく伝えるための活動をされている発酵デザイナー小倉ヒラクさんをお迎えし、「発酵から学ぶ処世術(!)」についてお話いただきます。
 
「発酵」と「処世術」に一体どんな関係があるの……? と、皆さんお思いでしょう。「発酵」といえば、味噌や醤油などの食品を思い浮かべる方が多いと思いますが、実はそれらを作るための「発酵菌」の働きは、人間関係にも大いに応用できるのだそう!
 
トークショーでは、小倉さんが解説する発酵菌の能力に、星野さんが精神医学的な解釈を加えていくことで、すこやかな気持ちを保つためのコツを伝授します。実践すればちょっと気が楽になるこのコツを、ぜひマスターしてみてください!
 
■ すこやか本:『ラブという薬』 いとうせいこう・星野概念(著)
■ 日時:5月27日(日)10:00~11:30(開場9:30)
■ 会場:SPBS本店(東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F)[MAP]
■ 参加費:1,500円
■ 定員:50名
■ 申し込み:こちらのリンクからWEBチケットをご購入いただけます。
■ ゲスト:

星野概念(ほしの がいねん)/ 精神科医/音楽家

精神医学や心理学を少しでも身近に感じてもらうことを考えて活動する、総合病院に勤務する精神科医。執筆も行い、Web『Yahoo!ライフマガジン』で「めし場の処方箋」、BRUTUS「本の診察室」など寄稿も多数。◎『ラブという薬』は、いとうせいこうさんとの対談で構成された共著書です。

 

小倉ヒラク(おぐら ひらく)/ 発酵デザイナー

「見えない発酵菌たちのはたらきを、デザインを通して見えるようにする」ことを目指し、東京農業大学の醸造学科研究生として発酵を学びつつ、全国各地の醸造家たちと商品開発や絵本・アニメの制作やワークショップをおこなっている。書籍『てまえみそのうた』でグッドデザイン賞2014受賞。自由大学や桜美林大学等の一般向け講座で、発酵学の講師も務めている。

 

下記の会期中、トークショーのゲストの皆さまに「すこやかになれた本」をテーマに選んでいただいた本も、店内で展示販売いたします。ぜひお手に取ってご覧ください!
■ 会期:5月9日(水)~5月31日(木)

友だちに教える