本と編集の総合企業

本と編集の総合企業

【NEWS】「SPBS批評ワークショップ」受講生による批評論集を販売します!

New

【NEWS】「SPBS批評ワークショップ」受講生による批評論集を販売します!

 
文筆家・批評家の水上文さんをナビゲーターに迎えて実施した「あなたの言葉を聞き、わたしの言葉を書くために。SPBS THE SCHOOL 批評ワークショップ」から誕生した、受講生による批評論集を5月19日(日)開催の「文学フリマ東京38」にて販売します。
 
論集には、批評ワークショップの最終課題として執筆された7名の受講生による批評文と、水上さんに寄稿いただいた序文を掲載。
「あなたの言葉を聞き、わたしの言葉を書く」ことを目指して綴られた「これからの批評」を、ぜひ手に取ってみてください。
 

▷ 批評テーマ(抜粋)

・ミュージカル『Endless SHOCK』(堂本光一 主演)
・映画『夜明けのすべて』(三宅唱 監督)
・小説『少女を埋める』(桜庭一樹 著)
・楽曲『恋は負け認めなきゃ勝てない』(WEST. 歌/ゆっきゅん 作詞)
・「タワマン文学」「消費者」「批評」
・小説『ある男』(平野啓一郎 著)
・漫画『さようなら女達』(大島弓子 著)

 
また、SPBS THE SCHOOLのブースでは批評論集の販売に加え、水上さんを含む4名によるZINE、『クィアフェムによる恋愛ZINE』もあわせて委託販売の予定です。
 
みなさまのご来場をお待ちしています。ぜひ、会場でお会いしましょう!
 

▷ 書籍概要


『あなたの言葉を聞き、わたしの言葉を書くために。批評ワークショップ2023 批評論集』
寄稿:水上文(はじめに)・SPBS THE SCHOOL 批評ワークショップ受講生7名
価格:1,000円(税込)
発行元:SPBS THE SCHOOL
 
『クィアフェムによる恋愛ZINE』
メンバー:水上文、近藤銀河、中村香住、瀬川貴音
詳細はこちら以下のURLからご確認ください。
https://queerfemmezine.hp.peraichi.com
 

▷ イベント開催概要

「文学フリマ東京38」

◼︎ 日時:5月19日(日)12:00〜17:00 *最終入場16:55
◼︎ 会場:東京流通センター 第一展示場(東京都大田区平和島6-1-1)
◼︎ ブース番号:H-29 (第一展示場)
◼︎ 入場料:1,000円
チケットのご購入はこちら→
*前売りチケット販売期間:2024/5/18(土) 23:59まで
*当日もチケットをご購入いただけますが、混雑が予想されますので事前のチケット購入をおすすめいたします。
◼︎ 主催:一般社団法人文学フリマ事務局
◼︎ 詳しくはこちら→
 

▷ 批評ワークショップのアーカイブ受講を5月末まで受付中!
締め切り間近となりますので、ご興味のある方はお早めのお申し込みを!

SPBS批評ワークショップ|アーカイブ視聴コース
■ 内容:オンラインでのアーカイブ動画視聴(講義部分のみ・24年6月末まで)
1回あたり90分程度を予定しております。
■ 受講料:32,000円(税込35,200円)
■ 申込締切:2024年5月31日(金)
■ お申し込みはこちら→

 

この記事のタグ

友だちに教える