本と編集の総合企業

本と編集の総合企業

人とまちがつながるSPBSの一箱支店 “SPBS THE BOX”の「読者」を募集します

緊急事態宣言中の各店舗の状況について

■営業時間変更あり

.andwork shibuya

営業時間 8:00-22:00(最終受付は20:00まで)

数名でお持ち込みの飲食は20:00までとなります。

フリービールは提供を停止しております。

■5月31日(月)まで休業

渋谷のんべい横丁 会津

クリエーションスクエアしぶや

■営業時間変更なし

私立珈琲小学校

小池精米店

 

SPBSは、2021年1月から、まちを通じて人のつながりをデザインするSMALL STANDARD SHIBUYA*との協働で、奥渋谷の本屋SPBS本店を核として、渋谷のまちの飲食店やホテルの中に、小さな本屋=一箱支店“SPBS THE BOX”を広げ、各支店長とともに本を通じたコミュニティを育てていくプロジェクトを始めました。

 

SPBS THE BOXは、まちとつながる「BOX支店長」の選書による10冊の本を並べた箱を「一箱支店(SPBS THE BOX)」と名付け、小さな本屋と見立てる実験プロジェクト。SPBSでの選書トレーニングを受けた参加者がSPBSの「BOX支店長」として、お店のコンテクストを紐解きながら箱に入れる本を選んでいます。

 

4月11日(日)から、「BOX支店長」が選書した本を購入できる「読者」を募集いたします。「読者」はSPBS本店で専用のチケットを購入した後、ランダムに指定された渋谷区内のお店で本を受け取ることができます。本は中身が見えないように包装されており、表紙には支店長による選書理由が書かれています(中の本は古本です)。なぜこの本が置いてあるのか、どんな人が選んだのかを想像しながら手にした本との出会いをお楽しみください。また、本を受け取った「読者」は、SPBS THE BOXの「BOX支店長」が集まるオンラインコミュニティ(Facebookグループ)に参加できます。オンラインコミュニティでは、ぜひ手にした本の感想をシェアしてください。

 

偶然の出会いから生まれる、本、まち、ひとのつながりをぜひお楽しみください。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

 

*SMALL STANDARD SHIBUYA

SMALL STANDARD SHIBUYAは、2019年11月に解散した「渋谷区100人カイギ」の運営メンバーを中心に2020年5月に結成された任意団体です。渋谷を起点とし、「対話の場をつくる(Open Dialogue)」「営みが生まれる(SMALL STANDARD Project)」「営みがつながる (SMALL STANDARD Lab/Community)」の3つの活動を通して、常識を再定義したり、新たな価値を発見しながら、個人の「やってみたい」から始まる小さな営みをつくっていきます。
URL: https://www.facebook.com/SMALLSTANDARDSHIBUYA

本企画はSPBSクラウドファンディングをSSSのみなさまが応援してくださったところからはじまりました

 

■「読者」になるには?

 

 

SPBS本店にて専用のチケットを購入すると「読者」になることができます。ランダムに指定された店舗を利用すると、専用チケットと交換で“SPBS THE BOXの本を受け取れます。

本を読み終えたら、ぜひSPBS THE BOXのオンラインコミュニティで感想をシェアしてください。

 

※中身の本は古本となります。ご理解いただける方のみご購入ください。

 

チケット販売期間

2021年4月11日(日)-6月29日(土)

チケット引き換え期間

4月16日(金)-6月30日(日)

 ※珈琲小学校のみ4月16日(金)-5月15日(土)

チケット料金

1,100円(税込)

定員

先着50名

参加条件

〇SPBS THE BOXプロジェクトに賛同し、新しい本との出会い、まちとの出会い、人との出会いからつながりをつくりたいと思う方。

〇オンラインコミュニティ(Facebookグループ)で手にした本の感想をシェアしてくださる方。

申し込み方法

SPBS本店の店頭スタッフに、「SPBS THE BOX」のチケット購入希望の旨をお伝えください。

■SPBS本店

〒150-0047 東京都渋谷区神山町17-3テラス神山 1F(MAP

営業時間 11:00-20:00

※短縮営業中です。

 

SPBS THE BOXのある場所

※緊急事態宣言発令に伴い営業時間を変更している店舗がございます。

随時更新もしておりますが、訪問前に各店の店舗舗情報を必ずご確認ください。

 

.andwork shibuya

 

ホテル併設型の新しいスタイルのコワーキングスペース「.andwork(アンドワーク)」。ホテルの設備・サービスが全て利用できる。

ローカルのコワーカーだけではなく、世界中のゲストとの出会いもあり、クリエイティビティと知的好奇心が刺激される場所となっている。

■〒150-0041 東京都渋谷区神南1-20-13 Gビル渋谷4F (MAP

■営業時間 8:00-22:00(最終受付は20:00まで)

数名でお持ち込みの飲食は20:00までとなります。

フリービールは提供を停止しております。

■定休日 なし

 

渋谷のんべい横丁 会津

 

開店50年、馴染み客だけでなく、一見さんや外国人もフラッと来店。会津・榮川酒造のお酒と名物山菜の相性は抜群で、音楽も演歌・歌謡曲のみとこだわりがあり、田舎の懐かしく温かい家庭的な雰囲気が楽しめる。大ママ亡き今、御厨さん、明美さんたちが店に立ち店を守っている。

■〒150-0002 渋谷区渋谷1-25-9(MAP)  

■営業時間 17:00-20:00

■定休日 土曜日、日曜日、休祝日

 

私立珈琲小学校

 

店主の吉田恒さんは元小学校の教員。食の専門学校等で学び、池尻大橋に期間限定で「私立珈琲小学校」を開校。2016年7月より、代官山に新校舎をオープンした。信頼するロースターたちが焙煎するスペシャルティコーヒーを一杯一杯丁寧に淹れて、提供している。季節や人との出会いにより生まれる特別なメニューが用意されていることも。

■〒150-0032 渋谷区鶯谷町12-6 LOKOビル1F(MAP

■営業時間 火-土 11:00-19:00/日11:00-18:00

■定休日 月曜日

 

クリエーションスクエアしぶや

 

渋谷駅直結・マークシティにある観光案内所。「国際文化観光都市・渋谷SHIBUYA」の実現を目指すべく、外国語の話せるスタッフが常駐し、渋谷区内の見どころや旬な情報、意外な魅力を案内している。コワークスペースも併設され休憩にもちょうど良い。写真は渋谷区観光協会事務局長の小池ひろよさん。

■〒150-0043 渋谷区道玄坂1-12-5 マークシティ4F(MAP

■案内業務・荷物預かり業務 9:00-21:00/スペース時間貸業務 9:00-21:00

5月11日(火)まで休業となります。

■定休日 なし

 

 

小池精米店

 

原宿・表参道の唯一の米屋。1930年に創業し、現在では3代目、お米マイスター五ッ星でもある小池理雄さんが店主。小池さんは「稲作文化を守る」ため、生産者と消費者の架け橋としてお米の魅力を伝えている。お店では厳選されたお米を取り扱い、オリジナルブレンド、精米サービスなども提供している。

■〒150-0001 渋谷区神宮前6-14-17(MAP

■営業時間 8:00-18:00

■定休日 日曜日、祝祭日、第二、第四、第五土曜日

友だちに教える