本と編集の総合企業

本と編集の総合企業

【フェア】モノ・ホーミーと“そうぞう”する「貝がら千話」の世界

【フェア】モノ・ホーミーと“そうぞう”する「貝がら千話」の世界

毎日深夜に一話ずつSNSに投稿される、図案家モノ・ホーミーさんの「貝がら千話」。可憐さがありながら、どこか毒を含んでいるかのような神秘的な絵は、ストーリーとあいまって、幻想的な世界をただよわせています。
 
この度、SPBS本店では、モノ・ホーミーさんが装画をつとめた大阿久佳乃さんの『のどがかわいた』(岬書店)の重版を記念し、モノ・ホーミーさんの図案の展示販売をおこないます。
 
『のどがかわいた』の装丁に使用された原画の展示はもちろん、手のひらサイズの図案作品を展示販売、また、モノ・ホーミーさんの著作『貝がら千話』1・2巻も販売いたします。
 
今夜もSNS上で、静かに広がるモノ・ホーミーさんの世界。 SPBS本店で、それぞれの絵に込められた物語を眺めて、じっくりと体感してみてください。
 

 

モノ・ホーミーと“そうぞう”する「貝がら千話」の世界

■ 会期:2020月6月20日(土)〜7月18日(土)*11:00〜20:00の短縮営業中
■ 場所:SPBS本店内特設スペース (東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F)[MAP]
■ プロフィール:モノ・ホーミー
図案家。1986年鹿児島県生まれ、東京都在住。絵と物語のシリーズ「貝がら千話」を毎日ひとつづつ製作しています。
Instagram 貝がら千話 | 過去の仕事の紹介
Twitter 貝がら千話 | 展示日記

 

この記事のタグ

友だちに教える