本と編集の総合企業

本と編集の総合企業

*終了しました【イベント】祝!ハイバイ15周年『やっかいな男』刊行記念 「めんどくさくて何が悪い。ほとばしる自意識との上手な付き合い方」

*終了しました【イベント】祝!ハイバイ15周年『やっかいな男』刊行記念 「めんどくさくて何が悪い。ほとばしる自意識との上手な付き合い方」

『やっかいな男』岩井秀人/著  本体1,700円+税
発行:東京ニュース通信社  発売:徳間書店

 

「ディズニーランドが楽しめない」「『気持ちいい』なんて軽々しく言えない」「『お洒落って思われたい人』と思われたくない」― みんな、この自意識とどう闘っているんだ!?
 
〈劇団ハイバイ〉を主宰する岩井秀人さんの著書『やっかいな男』が9月11日に発売となりました。TV Bros.で連載の「自意識がびゅっびゅー」を書籍化した本作は、自意識ダダ漏れの毎日と、自身のひきこもり体験や家族のこと、芝居への思いなどをつづった岩井さん初めてのエッセイ集です。自身の体験を題材にすることも多いハイバイの芝居において、岩井さんがどんな風に考え、何を思い芝居を作ってきたのか、男岩井の頭の中をのぞく濃密な1冊になっています。
 
SPBSでは、この『やっかいな男』の著者、岩井秀人さんをゲストにお招きして、今回のエッセイにも登場する「自意識」をテーマに、溢れ出す自意識とそのいなし方や、今年15周年を迎えたハイバイの今までとこれからについてお話をうかがいます。
 
対談相手には、長年ハイバイの演劇を鑑賞し、岩井さんとも親交のあるテレビ東京プロデューサーの佐久間宣行さんをお迎えします。「ゴッドタン」「青春高校3年C組」をはじめ、数々の人気番組を制作している佐久間さんには、忙しい日常のなかで演劇をみる原動力や、番組をつくるうえで影響を受けたものなどについて語っていただきます。
 
演劇とテレビ、ライブと収録。それぞれの面白みと難しさを、お二人のお立場からざっくばらんにお話しいただく1時間半、もりだくさんのトークをご期待ください。
 
※当日、イベント終了後には岩井秀人さんのサイン会を予定しております。(トークイベント内で岩井さんのご著書をご購入の方に限ります)

 

祝!ハイバイ15周年『やっかいな男』刊行記念
「めんどくさくて何が悪い。ほとばしる自意識との上手な付き合い方」

■ 日時:10月1日(月)20:00~21:30(開場 19:30)
■ 会場:SPBS本店(東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F)[MAP]
■ 参加費:1,500円(税込)
■ 定員:50名
■ 申し込み:満席のため、キャンセル待ち受付中です。[電話]03-5465-0588

■ゲスト

©平岩享

岩井秀人(いわい ひでと)さん

1974年武蔵小金井出身。2003 年ハイバイを結成。2007 年より青年団演出部に所属。2012年NHKBSプレミアムドラマ「生むと生まれるそれからのこと」で第30回向田邦子賞、2013年『ある女』で第57回岸田國士戯曲賞を受賞。2018年11月に「WAREWARE NO MOROMORO」を(仏)ジュヌビリエ国立演劇センターで構成・演出。フェスティバル・ドートンヌ・パリに参加する。

 

 

佐久間宣行(さくま のぶゆき)さん

1975年生まれ。担当番組は「ゴッドタン」「青春高校3年C組」「ウレロ☆未確認少女」シリーズ、「SICKS~みんながみんな、何かの病気~」「トーキョーライブ22時」「ピラメキーノ」「有吉のバカだけどニュース始めました」「終電ごはん」「ご本、出しときますね?」(BS-ジャパン)など。2013年「ゴッドタン・キス我慢選手権 THE MOVIE」で映画監督デビュー。

友だちに教える