SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS

【トークイベント】「Coca-Cola Journey」Presents
藤原ヒロシさん×清永浩文さん『SNS時代のファッション』

journey_jpeg


企業サイト『Coca-Cola Journey(*)』はじめてのトークイベントを奥渋谷の書店 SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(SPBS)で開催します! ゲストは、藤原ヒロシさんと清永浩文さん。常にファッションシーンの牽引者でありイノベーターでもあるお二人に、SNS時代のファッションビジネスの現状について、自らのビジネススタンスについて、大いに語り合っていただきます。『Coca-Cola Journey』だからこそ実現できた “レアな”イベント。この貴重な機会を、お見逃し(聴き逃し)なく!

*コカ・コーラ社が持つ多様な情報をストーリー仕立てで毎週お届けするウェブマガジン型の企業サイト>>

[企画背景]
スマホの普及は、ファッションの消費のされ方をがらりと変えました。“店頭で買う”から、“ネットで買う”消費スタイルへ、“雑誌広告を見て買う”から、“Instagramのインフルエンサーの投稿を見て買う”消費スタイルへと、消費者の消費行動を変えたのです。

この変化は、世界の企業のコミュニケーション戦略にも影響を与え、テレビなどによるマスメディアによるコミュニケーションから、インターネットや体験型イベントなどによるOne To Oneマーケティングへとその戦略の中心を移しつつあります。

清涼飲料のリーディングカンパニーであるコカ・コーラ社もすぐさまその動きに対応し『Coca-Cola Journey』を起ち上げました。そして、藤原ヒロシさんや清永浩文さんなどのインフルエンサーに関するコンテンツづくりなどもすることで、消費者との新しい関係性を築きつつあります。

この流れは、藤原ヒロシさんや清永浩文さんらがご活躍されているファッション・アパレルの業界でも同様だと考えます。おそらく、インターネット社会の到来とSNSの普及はお二人のビジネス(ブランディングやセールスなど)も変えたのではないでしょうか。実際インターネットとSNSはお二人のビジネスをどのように変えたのか。そしてお二人は、今後、どのようにメディアと向き合い、採り入れていくのか。そのようなことに対する『Coca-Cola Journey』編集部の興味が、イベントの企画化へとつながりました。


[イベント詳細]
■ 日時:11月30日(木)19:00~20:30(開場18:30)
■ 場所:SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(SPBS)
    渋谷区神山町17-3 テラス神山1F [Map]
■ 参加費:無料
■ 定員:40名(先着順 / 同時お申し込み可能人数:2名)
■ ゲスト:藤原ヒロシさん / 清永浩文さん

■ゲストプロフィール:
・藤原ヒロシさん
藤原ヒロシさん
1964年、三重県生まれ。DJ / プロデューサー。fragment design主宰。80年代からDJとして活動し、ヒップホップ、クラブミュージックを中心に自らもステージに立つ傍ら、UAなど人気アーティストのプロデュースも手がける。現在、音楽プロデューサー、アーティスト、ファッションデザイナーなど多方面で独自の活動を続けている。昨年、デジタルメディアのRing of Colour を立ち上げた。
(関連記事)
音楽、ファッション、映画、ストリートカルチャーから「コカ・コーラ」まで。藤原ヒロシさんが語る「僕のアメリカ」聞き手・野村訓市さん
音楽、ファッション、映画、ストリートカルチャーから「コカ・コーラ」まで。藤原ヒロシさんが語る「続・僕のアメリカ」聞き手・野村訓市さん

・清永浩文さん
清永さん
1967年、大分県生まれ。SOPH. CO.,LTD.代表取締役社長。《A.P.C.》の販売員を経て1998年《SOPH.》ブランドを立ち上げる。翌99年に立ち上げたフットボールラインのコンセプトブランド《F.C.Real Bristol》が大ブレイク。2002年にはブランド名を《SOPH.》から《SOPHNET.》へと改称。13年全株式と商標権をジュンに売却したが企業としてのSOPH.の体制はそのまま社長業も継続する。「もともと《A.P.C.》もジュン傘下だったし、佐々木進さん(ジュン代表取締役社長/SOPH.代表取締役会長)は当時から“東京の兄貴”みたいな存在でしたから」と説明する。17年には福岡にて実験的ストア《KIYONAGA&CO. 》をスタート。
SOPH.
KIYONAGA&CO.
(関連記事)
東京を代表するブランドの成長の“軌跡”と“奇跡”。 「清永浩文さんとSOPH.の18年」