SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS

COMPANY

名 称 合同会社 SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS (略称:SPBS)
本 社 東京都渋谷区神山町17-3テラス神山1F   Tel: 03-5465-0577
店 舗 [SHIBUYA BOOKSELLERS] 渋谷区神山町17-3   Tel: 03-5465-0577 [CHOUCHOU 渋谷ヒカリエ ShinQs店] 渋谷区渋谷2-21-2渋谷ヒカリエ ShinQs 1F   Tel: 03-6434-1747 [CHOUCHOU LUCUA 1100店] 大阪市北区梅田3-1-3 LUCUA 1100 2F   Tel: 06-6151-1530
資本金 5,000万円
業務内容
(詳細下記)
1. 書籍、雑誌、ウェブ媒体等の編集 2. 書籍、雑貨等の販売 3. 広告媒体、PR物、受託編集物の制作 4. イベント事業・スクール事業の運営
従業員 30名(うちアルバイト20名)
代表者 福井盛太(SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS,LLC. Founder/CEO)
1967年愛知県生まれ。91年早稲田大学社会科学部卒。 ビジネス誌『プレジデント』の編集者などを経て、2007年9月、SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(SPBS)を設立。現在は、本のある暮らしを提案するセレクトショップ《SPBS》、毎日を特別なものにする、ときめくアイテムをあつめたセレクトショップ《CHOUCHOU》の経営、webメディア、雑誌・書籍の編集や店舗プロデュース、イベントやセミナーの企画立案を行っている。  
営業開始 2008年1月26日
主要取引先 日本出版販売株式会社、株式会社博報堂、株式会社東急エージェンシー、株式会社東急百貨店、株式会社プレジデント社、株式会社ラウゴア、株式会社コムデギャルソン、株式会社ビームス、大王製紙株式会社、有限会社バッハ、有限会社ユトレヒト、株式会社アマナインタラクティブ、凸版印刷株式会社、東京急行電鉄株式会社、ライフネット生命保険株式会社、株式会社集英社、講談社ほか出版社多数
取引銀行 みずほ銀行、さわやか信用金庫

1. 書籍、雑誌の編集

ウェブメディアの広がりや電子書籍の台頭で「書籍」の定義と形態が大きく変化している中、「書籍の本質とは何か」「お金を払って買う価値があると思う“書籍”とは何か」を見据えた媒体の編集をしています。

2. 書籍・雑貨等の販売 [SHIBUYA BOOKSELLERS]

渋谷駅の喧噪を抜け、15分ほど歩いた住宅街にある、ガラス越しに編集部が見えるユニークなつくりの書店です。白を基調とした店内は、さまざまな年代の有名なデザイン家具を配置し、ファッション誌の撮影などにもよく使用されています。 大量生産、大量販売が主流となっている、固定化された日本の書店流通網のみに頼ることなく、独自にセレクトした書籍、雑誌、雑貨を扱っております。 また、店頭にて、作家、文化人などをゲストにお招きしたトークショー「SPBSラボ」を不定期開催しています。

■店舗営業時間

月~土 11:00‐23:00/日 11:00‐22:00(イベント等により変更あり)[不定休]

■これまでのSPBSラボ 主なゲスト(順不同・敬称略)

幅允孝(ブックディレクター)、黒崎輝男(『スクーリング・パッド』デザインコミュニケーション学部長)、田中杏子(Numero編集長)、齊藤牧里(ルイ・ヴィトンジャパン)、古田敦也(元プロ野球選手)、佐藤啓(『ecocolo』編集長)、HIROMIX(写真家)、山本兼一(作家)、パスカル・モンフォール(「yummy」編集長)、バーバル(m-flo)、篠山紀信(写真家)、やまだないと(漫画家)、戌井昭人(劇団主宰・作家)、堀江貴文(ライブドア元社長)、リリー・フランキー、宇野常寛(批評家)、茂木健一郎(脳科学者)、箭内道彦(クリエイティブディレクター)、林信行(ITジャーナリスト)、北尾トロ(フリーランスライター)、今宿麻美(モデル)、岡本仁(編集者/元『relax』編集長)、はあちゅう(ブロガー/作家)、村上萌(NEXT WEEKEND代表)、他多数

2. 雑貨等の販売 [CHOUCHOU]

渋谷のランドマーク「渋谷ヒカリエ」1F正面入口と、大阪駅直結「LUCUA 1100」2F入口にあるギフトショップです。「雑誌をめくるように、いつも新しい発見」をコンセプトに、さまざまなトレンドを映した魅力的な雑貨を販売します。特集テーマによって売場ががらりと変化する、旬を楽しめるスポットです。

■店舗営業時間

10:00‐21:00 [各施設の営業日に準ずる]

3. 広告媒体、PR物、受託出版物の制作

ビジネスからアート、カタログまで、スタッフの幅広い編集経験を生かして、さまざまな編集業務を受託しております。 クライアント様のニーズを的確に把握し、構成・文章・デザインを総合的に編集プロデュースすることで、読者の方が理解しやすいものを、手頃な価格で作成することを得意としております。

■ これまでの主な受託制作物(順不同・敬称略)

  • ・ データスタジアム社 雑誌「Sport Management Review」編集(2008年〜2009年)
  • ・ ソニー プレイステーション 「PLAY STATION AWARDS 2008」表彰者贈呈用記念冊子(2009年冬)
  • ・ 東京ガス×プレジデントファミリー小冊子(2010年春)
  • ・ 日経BP社「ナショナルジオグラフィック」タブロイド判及びカタログ作成(2010年夏)
  • ・ キリンビール 「ラガー」雑誌記事広告(2010年春)
  • ・ 東京シティ・バレエ団 公演パンフレット(2010年夏より)
  • ・ アメリカ穀物協会「1600万トンのトウモロコシはなぜ、海を渡ったのか。」冊子作成(2010年秋)
  • ・ 東京急行電鉄「シブヤを語る、シブヤを科学する」冊子制作(2011年春)
  • ・ DREAMS COME TRUE WONDERLAND2011 公式ツアーブック制作(2011年夏)
  • ・ 渋谷ヒカリエ フリーマガジン「LX」「Shibuya Hikarie Magazine」制作(2012年より)
  • ・ コカコーラウェブサイト「Coca-Cola Journey」制作(2013年夏より)
  • ・ ライフネット生命保険オウンドメディア「ライフネットジャーナル オンライン」制作(2014年夏より)

■ これまで編集、執筆で関わってきた市販雑誌

・ 『GQ JAPAN』(コンデナストジャパン)『FRaU』(講談社)『プレジデント』(プレジデント社)『ウレぴあ』(ぴあ)『週刊プレイボーイ』(集英社)『文藝春秋』(文藝春秋社)『TARZAN』(マガジンハウス)ほか。

4. スクール事業の運営

書店の空間を活用し、編集や書籍に関連するさまざまなワークショップやセミナーを行っています。弊社のネットワークを生かして、第一線で活躍中の方を講師にお迎えしております。 ワークショップは、単に講師の話を聞くだけではなく、実際に本を作ったり、写真を仕事につなげるなど、プロの編集者や写真家にも「うらやましい」と言われる実践的な内容でご高評をいただいております。 セミナーは、出版業界の大きな変革時期に合わせた「著作権セミナー」や、不況下に新しい希望を見いだす「起業塾」など、小さな店舗ならではの親密な空間を生かした濃密な講義と交流が行われています。 通信講座では、現役の人気雑誌ライターや編集者が直接指導を行う「作家・ライター養成塾」「コピーライター養成塾」を開講、作家志望者から学生・社会人まで、幅広い方に「書く」技術と楽しさをお伝えしています。

■これまでの開催実績

【ワークショップ】

  • ・ 編集ワークショップ(2009年秋期・2010年夏期・2011年春期・2012年春期・2012年春期2)
  • ・ 写真ワークショップ(2010年春期)
  • ・ デザインワークショップ(2010年夏期)
  • ・ プロデューサー・ワークショップ(2011年秋期)


【セミナー】

  • ・ SPBSセミナー「出版の未来と著作権」(2010年春期)
  • ・ SPBSセミナー「岩瀬大輔のアントレプレナー塾」(2010年夏期・2011年春期)
  • ・ SPBS企画塾(2011年秋期)


【通信講座】

  • ・ SPBS作家・ライター養成塾(2010年11月より)
  • ・ SPBSコピーライター養成塾(2011年4月より)